がん保険も年末調整の対象になります

がん保険は年末調整や確定申告時に、生命保険料控除の対象になります。 これは年間払込保険料なので、死亡や医療保険、がん保険などすべてを合算した金額となります。 月払いや半年、年払いにしている場合は毎年ごとにこの控除の対象になり、前期払いにしている場合は、その年の該当する分のみになります。 がん保険に限らず生命保険料を合算して10万円を超えれば、生命保険料控除は一律5万円になります。ですので、保険料が10万円以上であっても5万円の控除となります。 年末調整時や確定申告時に必要ながん保険の生命保険料控除証明書は10月から11月に送られてくることが多いので、ついつい忘れがちになってしまいますが、家族の加入情報を整理しておき、申告漏れがないようにチェックしておきましょう。 がん保険の生命保険料控除証明書は、年末調整時に年間支払保険料が9千円以上の場合に必要となります。 この年末調整は、1年間の所得税額を決定するために必要となってきます。 サラリーマンの場合、給与所得から配偶者控除や生命保険料控除といった所得控除を引いた額が今年度の課税対象となりますが、年末で一気に所得税を払うことが難しいので毎月少しずつ支払っています。 払った所得税がこの年末調整後の金額よりも多ければ、お金が返金されるというシステムとなっています。



ナット ボルト

SEO対策会社を大阪で選ぶ

豊胸手術をしたいなぁ☆

ラインストーン 格安

特許 弁護士 イデア綜合法律事務所



Copyright © t439.com 2011